会社概要
 
access
生きているうちにお墓を建てる人が増えています。
生前にお墓を建てることを「寿陵(生前墓)」、または「寿蔵」「寿墓」といいます。最近では民間霊園申込者の多くが生前にお墓を求められています。子供に負担をかけたくない、または自分の気に入った墓石、場所などを選びたいという人が寿陵墓を建てているようです。
ただ、公営墓地では納める遺骨がないと墓地を購入できないことが多いのでご注意ください。
お墓の構造等にもよりますが、現在の工法では石と石のすき間からの水の浸入はほとんどありません。
ただし、古いお墓であったり、施工が悪い場合は、石と石のすき間がだんだん広がってきたりすることがあります。また、結露等で納骨所(カロート)内に水分が発生する場合があります。
少しの量の水でしたら、納骨所の底から抜ける様にしておりますので、溜まる心配はありません。
お寺の墓地に限らず民間の霊園でも、「指定石材店」がある場合が多いです。墓地の購入の際に、特定のいくつかの石材店から墓石を購入することが条件づけられており、その中から決まることになります。
 指定石材店は、霊園の開発・販売に参加していることもあります。
このような場合、一般的に指定外の石材店が施工を行うことは大変難しいです。
お寺などにある墓地で特別な決まりを設けていない限り、自由に決めることができます。
代表的なものとしては正面に「○○家之墓」としたり、あるいは「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」といったお題目があります。また最近では、洋風型の墓石ですと『夢』 『愛』 『心』などと自由な言葉や文字を刻んだもの多く見られます。

室蘭市の墓石の事なら協和石材へ

スマホメイン
スマホ電話番号

よくある質問

お墓はいつ建てたらいいのでしょうか?

生きているうちにお墓を建てる人が増えています。
生前にお墓を建てることを「寿陵(生前墓)」、または「寿蔵」「寿墓」といいます。最近では民間霊園申込者の多くが生前にお墓を求められています。子供に負担をかけたくない、または自分の気に入った墓石、場所などを選びたいという人が寿陵墓を建てているようです。
ただ、公営墓地では納める遺骨がないと墓地を購入できないことが多いのでご注意ください。

納骨所にお水が入り込んで溜まる事はないのでしょうか?

お墓の構造等にもよりますが、現在の工法では石と石のすき間からの水の浸入はほとんどありません。
ただし、古いお墓であったり、施工が悪い場合は、石と石のすき間がだんだん広がってきたりすることがあります。また、結露等で納骨所(カロート)内に水分が発生する場合があります。
少しの量の水でしたら、納骨所の底から抜ける様にしておりますので、溜まる心配はありません。

お寺から【指定石材店】に頼むように言われました。そうしないといけないのでしょうか?

お寺の墓地に限らず民間の霊園でも、「指定石材店」がある場合が多いです。墓地の購入の際に、特定のいくつかの石材店から墓石を購入することが条件づけられており、その中から決まることになります。
 指定石材店は、霊園の開発・販売に参加していることもあります。
このような場合、一般的に指定外の石材店が施工を行うことは大変難しいです。

お墓に刻む文字に決まりはありますか?

お寺などにある墓地で特別な決まりを設けていない限り、自由に決めることができます。
代表的なものとしては正面に「○○家之墓」としたり、あるいは「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」といったお題目があります。また最近では、洋風型の墓石ですと『夢』『愛』『心』などと自由な言葉や文字を刻んだもの多く見られます。